指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

いろいろある。

 入塾希望の保護者との面談は三十分ほどで終わる。普通一時間くらいはかかるものなので短くてよかった。本人の体験授業は2月の11日ということになった。さてどうなるか。今月31日火曜日にも昨日書いた通り面談が予定されている。この日も本業二時間半の他にバイトが八時間半プラス面談というハードスケジュール。まあでもぜいたくを言える身分じゃない。いつも言ってる通り。
 ひろたんの卒論は終わったそうで3月半ばくらいまではバイトに来るということだ。と言ってもシフトはあまりかぶらないのでそうそう会えるという訳でもなさそうだ。まあ仕方ない。いずれにせよ遠からず彼女は僕の人生から出て行く。そしてやがては今一緒に仕事をしてる学生バイトさんのすべてが。もっとも僕の人生から一刻も早く出てって欲しい学生さんもいるにはいるけどそれはさておき。ただできれば僕の方が彼らの人生から出て行きたいという気もする。つまりバイトを辞めたいということだ。現状夢の夢だけど。
 受験生は今日が最後の授業で保護者の方が挨拶に来るそうなんだけど僕は授業を終えるや否やバイトに出かけないと間に合わない。早めに来てくれるといいんだけど。
 数時間後。保護者の方はおみやげを持っていらして挨拶をして帰って行かれた。だからバイトには間に合った。中国人の何(か)さんと一緒のシフトなので結構楽しく過ごす。お客さんも少なくて仕事としては楽だったし。さて空前の長時間シフト希望を入れた2月だったけど上旬の仮シフトが出たところで結構削られてることが判明した。すでに想定より一割くらいバイト代が減る。中旬下旬とこの調子でバイトを削られると三倍の三割の収入減になりそれはかなりな打撃だ。うーん。どうしようかな。他のバイトとかけ持ちも考えている。でも今年還暦だぜ。新しいバイト先なんて見つかるんだろうか。シフト係がずっとしーちゃんだったらこんなことにならなかったんだけどな。あいつがシフト係に入ってからなんか怪しくなってきた。なんかやっぱこのバイトどっかで見限るべきなのかな。

ひろたんと一緒。

 明日のバイトは話が合う女子大生のひろたんと一緒。本当に久しぶりだ。まあお話しする暇なんてそんなにないだろうけどそれでも楽しみにしている。卒論は無事終わったんだろうか。訊いてみよう。
 一昨日まで二日連続で入塾に関する相談のメールがサイト経由で届いた。二日連続というのも初めてなんじゃないかという気がする。以前に一度だけ一日に二通というのがあったけどね。明日と31日に保護者が相談しに来ることに決まった。今月でひとり受験生が辞めてしまう上に理由はよくわからないけど中学生の女の子が来月いっぱいで辞めることになっている。三月になると海外赴任の決まった親御さんに生徒さんのひとりが着いて行くのでおそらく辞めるんじゃないかと考えている。合わせて七万円近くの収入減となる。ただし最後のひとりは保護者の方がうちの塾をかなり気に入ってくれてるようなのでズームを使った授業を提案しようかとも考えている。時差にもよるけどうまく時間が合えばパソコン経由で授業ができないこともないだろう。夜中とか早朝とかでもこちらとしては全然構わない。すごく懐いてくれてる生徒さんだしね。という訳でついに教室にWiFiを入れなきゃならないかも知れない。目下の経済状況ではランニングコストをこれ以上かけたくはないんだけど。ただご兄弟もいるみたいなのでそちらの勉強も見ることになればそれほど悪い話じゃない。と、また皮算用をしている。今月ひとり来月ふたりすでに入塾が決まってるので辞める生徒さんがこんなにいなければバイトを少し減らせたかもと思うとすごく残念だ。来月のバイトのシフトは空前の長時間だ。それでも生活するには少し足りないかも知れない。とりあえずあとふたりきちんと対応して入塾に漕ぎ着けたい。あー確定申告やらなきゃなー。一月中には終えると心に誓ってたんだけどどうやら無理そうだ。明日はバイトが八時間半本業が二時間半にプラス保護者との相談。明後日はバイトが十時間半。そりゃなんにもできないよねえ。なんの仕事もしない完全な休日は1月2日を最後に一日もない。今日で二十五連勤。このままだと五十連勤とかも全然あり得る。やれやれ。

寒い。

 寒いっす。とにかく寒かったと書いておしまいにしたい。と思ったけどひとつ思いついたので書き留めておく。最近職場に配属された若い社員さんがやって来て今月限りでここをやめて転職すると言う。そうなんだー。と思って転職先でもいいことがありますようにというような話をしてたら後で聞いたら社員さんには話が通ってるみたいだけどバイトで知ってる人はほとんどいないということだった。じゃあなんでオレなんかにわざわざ直に知らせに来た?親切にいろいろ教えていただいてと彼は言ってくれたんだけど彼に何かを教えた記憶がほとんどない。いや。まるでない。でもオレより古株のバイトさんがいるのにわざわざオレを選んで挨拶しに来てくれたのはなんでなのかなあ。嫌われるのには慣れてるけどこういう「わざわざ感」を残して行く人がごーくたまにいてそれは好意なのかなあ。わからない。難しい。でももちろん彼にはうまく行って欲しい。

部活という魔物。

 僕自身は中学のときの部活にもなじめなかったし高校は初めから部活になんか入らなかった。集団に合わすのが苦手な人というのならわかりやすいんだけど別にそういうのでもなく自分で言うのもなんだけど割に人に合わせることはできるんだよ。ただ人に合わせなければいけない環境とそうでない環境があるなら迷わず後者を選ぶという傾向は割に強固にあったかも知れない。人の価値観は様々でいい。でもそれらが多数による価値観になるとこれはもうそれがなんなのか想像がつかない。ひとりひとりの価値観に対応する手間の他にそれらが合わさったことで生まれるまた別の価値観(共同幻想)にも対応せねばならずもともと人とのコミュニケーションを面倒に思う傾向とも相まって勢い集団を嫌うようになってしまう。部活に入るということはそういうコミュニケーションを強制されるということだ。個人的にはそんな面倒なこと金輪際できないと思う。でも塾の生徒さんたちを見ていると割に嬉々としてそういう世界に入って行く。出川哲朗さんみたいに言いたい。お前は馬鹿か。部活なんかで本当に大切なものなんて手に入る訳がない。本当に大切なものは自分との対話と本気で私淑した相手からしか生まれないんだよ。そういう本物の手に入れ方をはずした部活はすでに魔物だ。初めから錯覚だしもっと言うと軽く宗教なんだけどそんなこと言ってもわかってはもらえないだろうね。

いい子なんだと思う。

 一昨日と昨日の続き。その子のことを小六から知っている。初めはすごくおおらかでまっすぐな子という印象があって実は結構好きだった。ただ中学に入って部活を始めてからだんだん怪しくなって行った記憶がある。お母さんが部活にすごく入れあげてて部活優先なので塾の時間を変えてくれとか時間を節約するために塾でお弁当を食べさせて欲しいとかそういう要求をし始めてまあ別にできる限りは対応していた。ただ個人的には部活的なノリにはついて行けないほどの違和感があるのであんなにのびのび育った子をそういうがちがちに固まった価値観に流し込んで大丈夫なのかという疑問はあった。それでやっぱなんか変な感じになって塾を辞めてその後は部長になったということでお母さんはさぞかし鼻が高かったかも知れないけどどう考えても向いてないよねと考えていた。割に頭のいい子で算数とかはうちの子よりできた。でも高校受験ではうちの子より偏差値で言うとはるかに下のあまりぱっとしない私立校に行くしかなかった。たぶんそれが気に入らなくて口コミのサイトにうちの塾の悪口を書いたんだと思う。
 でも数年ぶりで会った彼は小学生のときみたいにおおらかでまっすぐな印象を取り戻していた。と思う。いろいろあったのかも知れない。でも今はいい子なんだと思う。これからしばし彼と一緒に仕事をして行く。あの頃のようないい子だったらいいなと思う。そう信じたいとも思う。

気にするのやめた。

 昨日の話の続き。子供の同級生でうちの塾に通ってたことのあるバイトの新人だけど今日話したらまるで屈託なくお久しぶりですとか言うのでなんか拍子抜けしちゃって昨日までぐずぐず考えてたのが馬鹿みたいに思えた。うちの塾のことを悪し様に言ったことももちろん覚えてないんだろう。だとしたらこちらもなかったことにしていい。要は現状をどうやってより明るい方向へ持って行けるかなので気にしないというのもそのための重要な手段になる。ということで気にするのはやめにした。明日も彼と一緒のシフトに入る。

娘さん。

 昨日街でバイト先のお客さんを見かけて挨拶した。今日仕事中にそのお客さんがやって来たので昨日はどうもみたいに声をかけたらそこからちょっと話が広がって相手が尋ねるには一緒にいたのは娘さんかということだった。もちろんそれは家人だったのでそう答えたんだけど確かに実年齢より相当若く見えるけど僕の娘と言われるほどとは思ってなかったので随分びっくりした。でもよくよく考えると僕より二十歳くらい年下に見えても不思議じゃないかも知れない。もちろんこの話を耳にした家人はとりあえずひとり悦に入っている。
 最近バイトに新人さんが結構入って来て彼らについてオン・ジョブ・トレーニングをする機会がまた増えた。この前の土日は土曜日にひとり日曜日にふたりそういう新人さんについて仕事をした。気を遣って疲れるという側面もあるし任せられる仕事は任せられるので楽という側面もある。ただトータルで考えると責任も重いしできればそういう仕事はしたくない。そんなの社員さんがやればいいのにと思っている。ただシフト係のしーちゃんに頼まれればこれはまあ断る訳にも行かない。彼女には親切にしてもらってるし。日曜日についたふたりのうちひとりはおじさんでもうひとりは女子大に通う学生さんだった。この仕事におじさんが入って来ることはとても珍しい。一年前に僕が入ったのが最後だ。女子大生の方はよく笑う気さくでまじめな子ですぐに打ち解けて仲良くなった。今日も一緒に楽しく仕事をしたのでもしかしたらそのうち彼女にも名前をつけるかも知れない。明日も別の新人さんにつく予定なんだけどグループラインに登録された名前に見覚えがあった。子供の同級生で塾の最初期に入ってくれた生徒さんだ。その後部活が忙しくなって塾は辞めてしまった。しばらくして塾の口コミのページに投稿があるのに気づいて読んでみると内容は明らかにこの生徒さんが書いたもので驚いたことに割に悪し様に塾をけなしていた。塾を始めたばかりだったし随分丁寧かつ親切に対応したつもりだったのに。一部事実無根なことまで書かれていて法律に詳しい友だちに相談したらでも言論の自由の方が優先されるので削除してもらうのは難しいだろうと言われた。その投稿は今でも読むことができるんじゃないかと思う。もちろん二度とそんなもの読みに行かない。ラインのプロフィールに載ってた写真を子供に見せるとたぶん同一人物だと思うと言う。いやなことになったなとちょっと気が重かったんだけど別に仕事なんだし他の子と同じように接すればいいんじゃないかと思ったら吹っ切れた。大体悪いのは明らかに向こうなんだから僕が何を気にすることがあろう。それにしても悪いことってできないもんだね。向こうはもう二度と会わないと思ってあることないこと書いたんだろうけどきっちりまた会うことになった。皮肉のひとつも言ってやるべきかどうか今思案している。

お休み。

 バイトはお休み。ホワイトボードマーカーが最後の一本になってしまったので知ってるお店では唯一扱いのある池袋のセリアまで買いに行く。西友の下の。黒が八本置いてあったのでそれを全部と前回まで見かけなかった赤があったので五本買う。それから西友で買い物して最寄りのJRの駅まで戻って来て酎ハイとビールとカレーのテイクアウトを買って帰る。シャワーを浴びてから一杯飲みながらナンとカレーを食べる。そして昼寝。ここのところ慢性的に眠い。夕方から夜まで仕事をして今は木曜日が唯一家族三人で夕食を共にできる日なのでそうする。明日からまたハードなバイトが始まる。今日は早めに寝る。バイトの同僚のうっちゃんが月末に結婚式なのでお祝いにお菓子を買ってきた。明日同じシフトに入ってるので渡すつもり。

忙しいので。

 久々の更新ですいません。昨日は朝から午後4時まで45分だけ昼食休憩を挟んでバイト、4時から本業で7時前に終えて7時から10時半までまたバイト。今日も朝からお昼を挟んで10時間半バイト。酒を飲む以外何もできません。すいません。

なあ。

 今夜のNHK MUSIC SPECIALの坂本龍一さん特集を観たかい?君が先月初めに送ってくれた「Cristmas Songs 1986/2022」に収録されてた「Merry Christmas Mr.Lawrence」のピアノ一本の演奏が最後の曲だったぜ。やっぱこれって名曲だよな。まあオレ的には「Behind the Mask」の方が僅差で好みなんだけどね。これのピアノヴァージョンって聴いたことないからいっぺん聴いてみたいしさ。でもオレらが1986年からこの曲を評価してたことを今となっては誇りに思うばかりだ。坂本さんも随分老けたな。我々が老けたようにな。じゃあまたいつか会おう。親愛なる秀ちゃん。

「MOTHER」か「MOTHER2」か。

 もしも来週体験授業で生徒さんがふたり成約になったらこの前渋谷の「MOTHERのミュージアム」で見たレプリカスクリーンをひとつ買っちゃおうかと思っている。いちばんちっちゃいのなら毎月払ってる健康保険料とほぼ同額で買えるからだ。この健康保険料は今年になって急に一万円も上がってつまり年間で十二万円負担が増えた。そんなの払ってるおかげでちょっと気に入ったものを買うのを我慢しなければならないというのがすごくすごく気に入らないからだ。意地でも買わなくちゃ。ただしせいぜいが一個しか買う余裕はないのでどの絵柄を買えばいいのかが悩みどころだ。実際に見て気に入ったのは「オネット」か「ウィンターズ」の景色のものだった。前者は本当に「MOTHER」シリーズの街らしい雰囲気を伝えてるし「ウィンターズ」はBGM含めてとても美しい村だからだ。でも本当に買おうと思うと疑問が生まれる。と言うのは「オネット」も「ウィンターズ」も「MOTHER2」に登場するからだ。果たして「MOTHER2」でいいんだろうか。自分は「MOTHER」と「MOTHER2」のどちらがより気に入ってるんだろうか。という普段ならまったく悩む必要のない疑問が湧いてくる。どちらの作品でも物語の最終章をこじ開けるキーになるのが「エイトメロディーズ」という曲だ。ところがこれらは同じタイトルなのに一作目と二作目では異なった曲になっている。そのどちらが好きかと言うとこれは迷う余地なく一作目のものということになる。二作目の「エイトメロディーズ」もいい曲なんだけど一作目のものの完成度はちょっと別格だ。展開にまったく無理がない。そしてある種の手で触れられるような形を持った情緒をきちっと伝えてくれる。優しさと・・・後はなんだろう赦しみたいなものを。更に過不足というものがない。完璧に完成されている。この曲一曲だけとっても「MOTHER」に軍配が上げられそうな気がする。それからキャラクター。個人的に一作目で最も印象に残っているのが「イヴ」という名のロボット。二作目ではもちろん「どせいさん」。両者を比べるとどこまでもユーモラスな後者に比べて前者は悲劇の装いをまとっている。もちろんユーモアより悲劇性の方が価値があると言いたい訳じゃない。キャラクターとしてはユーモラスな「どせいさん」の方が優れてるのかも知れない。なんて言うか他ならぬその悲劇性に頼ってない点で。でもやはり「イヴ」にはどうしようもなく泣かされてしまう。今こうしてても思い出すと涙ぐめるほどに。そうなると心に突き刺さる強度でどうしても「イヴ」の方が上に思われてしまう。という訳で僕は「MOTHER」の方をより大切に思っていると言って間違いなさそうだ。「MOTHER3」はどうしたんだという疑問は自らの中では却下されている。
 だとしたらレプリカスクリーンも「MOTHER」のシーンから選ぶべきなんじゃないだろうか。「MOTHER」のシーンは「サンクスギビング」の街かうまく説明のできない夢の街「マジカント」かダンジョンの「ホーリーローリーマウンテン」かのどれか。なんかもう結論は出てる気もする。でも念のため来週か再来週また「MOTHERのミュージアム」を見に行って最終的に決めたいと思っている。

久しぶり、その2。

 普段は時間がなくてできないことをこの年末年始で少しまとめてやってしまおうと思い立って塾のサイトの手入れも昨日今日としてみた。最近気づいたうちの塾のセールスポイントをチラシにまとめた後それをウェブサイトにも反映させようと思いまずチラシをpdfファイルに変換してフォトショに読み込ませ適当な大きさのgifファイルに変換する。既存のhtmlファイルの名前を変更して先ほど作ったgifファイルを貼り付ければ一ページできあがり。この方法の優れたところは比較的自由度の低いhtmlの表示を自由度の高いワードやエクセルを画像化したものに置き換えられる点だ。タグを書くよりずっと簡単だ。フォントだって好きなのが使える。大昔は通信速度を気にしてあまり大きな画像を貼ることは控えなければならなかった。でも今はかなり大きな画像でもあまり気にせず貼り付けることができる。うちのサイトの場合テキスト中心なので画像にしたところで大した大きさになる訳でもない。100キロバイトを超えることなどない。ついでにトップページから新しいページに飛ぶためのバナーもエクセルで作った。サイズを合わせるために既存のバナーも作り直してtableタグで並べるととてもきれいに表示される。ウェブサイトの表示が崩れていることが個人的にとても気になるタイプなのできれいに表示されることは最低条件になる。それから今日になってスマホ用のサイトにも手を入れた。一昨年作ってからまったく放っておいたので毎年少しずつ変えている時間割も以前のものが表示されていてそれは気になっていた。時間割は同様にエクセルのファイルをpdfからgifに変換する。パソコン用のサイトの時間割よりも小さめに作ってデフォルトでもスマホの画面をはみ出さないように気をつける。それから上記のセールスポイントのページもスマホ用に作った。こちらは画像ではなくhtmlのタグを使って書いた。htmlだとスマホの画面に合わせたサイズで表示されるからだ。スマホ用のサイトでは表示の美しさよりも読みやすさが優先される。htmlと言ってもワードの文書をエディターに貼り付けて改行のためのbrタグを何ヶ所かに書き入れるだけなのでものの数分でできあがる。無料のテンプレを提供してくれたサイトにはとても感謝している。それがなければ未だにスマホ用のサイトは持てなかったろうから。
 昨日体験授業を申し込んでくれたお母さんにメールで最短今日の午前中来てもらえる旨知らせたら子供たちは予定があるので行けないが先に親との面談に行っても構わないかという返信が来たので快諾した。それで今日冬期講習が終わった後面談になった。うちを知ったきっかけはサイトでもポスターでもチラシでもなくとても珍しいことに口コミだった。うちに来てる小六の女の子とお母さん同士が仲がよくてなんでもうちに来るようになってからテストがほぼ100点になったらしくすごくお勧めの塾だからということで連絡してきたということだ。その小六の女の子からはうちに入りたい子がいるという話を少し前から耳にしてはいた。でも経験的に言ってそういうのはまず実現せず話だけで終わってしまうのであまり当てにはしてなかった。それよかそんなに成績がよくなったんならこっちにもひと言伝えてくれてもいいんじゃないだろうか。毎回自動車で送り迎えしてるんだから。まあいいんだけど。来週体験授業をすることになった。あとちょっとここには書けないこと(僕の前職に関わること)で結構意気投合しちゃって感触はすごくよかった。入ってもらえたらうれしい。

久しぶり。

 塾の前にA看板を置いてそこにマグネットで容器を貼り付け中にチラシを入れて持ってってもらえるようにしてる。それがバイトで忙しくてここ三ヶ月ばかりさぼっていた。でも生徒さんを募集しようと思ったら意外と突破口は他に考えられなくてそれをさぼってるのはまずいんじゃないかと気づいたのが一週間くらい前かなあ。すぐにチラシを印刷して封筒に入れてまた持ってってもらえるようにし始めた。それからうちの塾の強みを新たにひとつふたつ思いついたのでそれもワードでまとめてチラシにして封筒に加えた。それが今日のことだ。同時にその、うちの強みをポスターみたいにA4のコピー用紙にまとめて印刷して教室のドアに貼り付けてみた。
 この三日間お休みしている間によく考えてみたらお金に困ったからと言ってバイトの時間を増やすというのは本末転倒じゃないかということに今更ながら気づいた。僕の本分はあくまでも塾の経営者であって会社から見たら割に使える安いアルバイターではない。残念ながら今は塾に全フリしてる余裕はないけど何かがあったら塾を優先しなければならない。初詣のおみくじでも大吉が出てしかもなかなか素敵なことが書いてあったし今年はいい年になるかもと思っていた。そしたら今日一月二日に体験授業の申し込みがウェブ経由で来た。しかも兄弟なので一気におふたりご成約の可能性がある。ポスターとチラシの効果が今日の今日で出るとは考えにくいけどこちらが久しぶりにポジティブになったことで世界の一部を活性化することができたのかも知れない。そういう解釈でいいんでしょうか。家人はいいと言ってくれると思う。あきれるほどどこまでも、僕の味方でいてくれるから。