指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

2011-06-19から1日間の記事一覧

カーヴァーの終わり。

レイモンド・カーヴァー著 村上春樹訳 「滝への新しい小径」 カーヴァーの遺作となった詩集。初めはこれまでより難解だなと思いながら読んだ。カーヴァーのヴォイスが今までより明らかに硬質な響きになっているからだ。でも最後の方はとても率直で虚心坦懐と…