指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

2013-07-26から1日間の記事一覧

オーヴァー・ザ・ギャラクシー・レイルウェイ。

高橋源一郎 著 「銀河鉄道の彼方に」 読んでいる間、冷たい水にずっと浸かってるみたいに哀しかった。でも高橋さんの小説を読むこととはこの独特の哀しみを読むことだといつも思う。 どこかのエッセイで高橋さん自身が、読んでいる間に他のいろいろなものの…