指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

また、名古屋。

栄の地理にすっかり詳しくなった。ホテルも栄にとった。今日の名古屋は寒い。ホテルのエアコンも先ほどから温風になっている。昼食が遅かったので夕食がまだなんだけど、外に出るのが億劫だ。ブレザーだけでコートなどは持って来ていないからだ。明日はもう少し寒くなるらしい。早めに東京に帰ってしまいたい。二日間のスケジュールのうち、六割くらいは片づいたか。家人は僕がいないので手を抜いて、今夜はホカ弁だそうだ。たまにはそういうことがあっていいと思う。つか、大体僕も、ホカ弁は嫌いではない。
今日は一軒目の仕事が思ったより長引いた。朝10時過ぎに現場に入って4時までかかった。その間、昼食に三十分休んだだけだ。ある場合には、仕事というのはひとりでやる方がスムーズに進む気がする。訳のわからない人たちが寄ってたかってそれぞれの思いで手伝ってくれようとしても、その交通整理に余計な時間がかかってしまう。仕事の総量は決まっているはずなのに、それを増やしてしまうことになる。こういうのをエントロピーの増大って言っていいんだっけ。ちょっと違うかな。まあ疲れた。
これから出張報告のメールを打って夕食を食べに行って風呂に入って寝酒を飲んで寝てしまう。