指栞(ゆびしおり)

前にも書いたかも知れないけど。

生まれたばかりのお子さんのいるお母さま方へ。

いつもコメントや星をつけて下さるalabasterさん(id:alabasterさん)やkazeno-koさん(id:kazeno-koさん)や、その他生まれたばかりのお子さんをお持ちのお母さま方に向けてこれを引用しておきたいと思います。余計なお世話でしたらごめんなさい。引用は好きではないし法的にもどうかわかりませんが、とりあえず引用したいと思います。個人的にはすごく衝撃を受けました。

 およそ2年前、タカハシさんは東京新聞で、驚くべき記事を読んだ。「日本免疫病治療研究会」の西岡克成会長が乳幼児のアレルギー症状に関して、衝撃的な意見を発表したのである。
 記事の内容を要約すると、以下のようになる。

 「日本で早期の離乳食が広まっていったのは、名著として知られる『スポック博士の育児書』の翻訳が刊行された1966年からだ。1980年に、厚生労働省(旧厚生省)が、離乳ガイドラインを決め、母子健康手帳で全国一斉に指導しはじめてから定着した。
 ちなみに、そのガイドラインでは、離乳の開始時期を生後5ヵ月としている。そして、1980年は、幼児のアレルギー症状が急増した時期と一致しているのだ。では、なぜ、早期の離乳開始とアレルギーの急増が関係あるのか。人間の腸は1歳前後で完成する。それ以前に離乳食を与えると、その蛋白質を分解できずそのまま吸収して抗原になり、アレルギー体質になるからだ。1歳前後までは、母乳か人工乳だけで育てるべきなのである。
 早期離乳によって乳児がアレルギーを起こす可能性が高くなることは、米国小児学会も世界保健機構(WHO)も認めている」
高橋源一郎著「おじさんは白馬に乗って」069「乳幼児アレルギーの秘密」

以前にも触れましたがうちの子供は三歳過ぎまで母乳で育てました。本人が離乳食をいやがって食べなかったのでお菓子などは与えましたがメインはずっと母乳でした。それで喘息はありますけど食物アレルギーはまったくありません。
以上、繰り返しになりますが余計なことでしたら本当に申し訳ありません。ただお伝えしない訳には行かない気がしたのです。