指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

忙しい土曜の午前。

最寄りの整形外科はひどく混む。スタッフが男女問わずみんな親切で感じがいいのと、先生が無愛想ながら丁寧に時間をかけて診察してくれるのでそれは信頼されるし、お年寄りでも気持ちよく通えるのだと思う。下手すると二時間くらい待たされるが本を読んでいればそれほど気にならない。今朝も9時半頃、二時間待ちを覚悟で本を携えて行った。膝の痛みの原因を探るべく一昨日受けた血液検査の結果を聞きにだ。検査の結果はどの数値も正常ということで、まあ痛み止めが効いているのでそれと湿布を続けるということになった。全部で一時間半かかったが短い方だ。受付の若い女性は会計が終わると必ず、お時間お取らせいたしました、と声をかけてくれる。よく考えると変な日本語のような気もするけど、病院でこういう趣旨の言葉をかけられたことがないので何となくうれしい。とんでもありません、と答えることにしている。余談だが、子供が幼稚園に通っている時からのお母さん仲間のひとりで、ずっと地元に住んでいる人にたまたま家人が病院の評判を尋ねたところ、それがきっかけになってこの病院の先生の娘さんは子供のクラスメイトで、のみならず子供の意中の女の子であったことが判明した。前にも書いたけどその子なら近くのプールで見かけたことがある。でもお互い余計な気をつかうことになりそうで、先生にはそのことは伝えていない。これからも知らせる気はない。
午前中子供は家人が連れ出してくれることになっていたので、その後病院から一分とかからない床屋へ行った。年内にどうしても髪を切っておきたかった。僕は床屋が嫌いなので滅多に行かないようにしているが、さすがに二ヶ月を過ぎると行かない訳にも行かない。三十分ほど待たされたけど一時前には家に帰って来た。病院に床屋と朝から難関をふたつクリアしてもう今日はやるだけのことはやったという気分だった。
子供を児童館に預けて帰って来た家人と昼食をとりふたりでビールを少しだけ飲んで昼寝した。起きてから児童館まで子供を迎えに行き、子供がどうしても東武東上線の写真が撮りたいと言うのでそのまま池袋に出て写真を撮った。一時間に一本しか出ないTJライナーを撮るのに六時近くまで待った。まあここのところで言えば典型的な土曜日の過ごし方だった。