指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

叙情性の違い。

gift (集英社文庫)

gift (集英社文庫)

春樹チルドレンが厳密に何を意味するか知らないけど古川日出男さんもそこに含まれてたような憶えがある。本作の一作目の冒頭を読むとなるほどと思う。似ている。場面設定が。文体も少し。でも一冊読み通してしまうと似ている点より異なる点の方がずっと印象に残る。何が一番違うか。個人的にはそれは叙情性なんじゃないかと思われた。村上さんの叙情性はプライベートに閉ざされていて濃く細やかな印象をつくっている。古川さんのそれは歴史と世界の方へ引っ張られてその分薄く荒く解体されて行く。それは古川さんの資質のせいかも知れないし戦略としてそうなのかも知れない。資質であり同時に戦略なのかも知れない。いずれにせよ古川さんの方向性の少なくとも一部はここですでに定まっているように思われる。もちろん最近の作品を読んでいるから言えることなんだけど。