指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

ずっと読まなかった本。

マイ・ロスト・シティー (中公文庫)スコット・フィッツジェラルド村上春樹訳 「マイ・ロスト・シティー
文庫版の表紙の画像が無いのがとても残念だ。
この本のことは随分前から知っていたけど読むどころか持ってさえいなかった。どうもフィッツジェラルドなんて自分とは関係ないと思っていたようだ。同じことはカーヴァーにも言える。でも手に入るフィッツジェラルドの邦訳のほとんどを読んだ今では、近くカーヴァーもまとめて読もうと思っている。
どんな作品も前知識なしに読みたいと基本的には思っている。でも通常の日本の読者がフィッツジェラルドの翻訳を読んでその作品世界にすっぽり包み込まれるということは難しいと村上さんは考えられているようだ。そういう趣旨のことを直に書かれている場合もあるし、翻訳された作品の後ではなくその前に作者や作品に関しての村上さんのノートが置かれているのもそれを証しているように思われる。それは先行する読み手から差しのべられた手に違いないが、単なる親切心だけからではないかも知れない。村上さんはしばしばスコットやゼルダの実際のあり方と作品とを結びつけて語っている。それは実際のふたりやふたりの置かれた時代の史実と重ね合わせることでフィッツジェラルドの作品がよりよく読めるようになるからだ。それは決して普遍的な読み方ではないかも知れないが、村上さんにはそういう読み方でしか味わうことのできないフィッツジェラルドの世界がはっきり見えているような気がする。そして村上さんはその場所へと読者を誘っているのだ。前に書いたフィッツジェラルドを読むのにふさわしい場所と、村上さんのその場所とは同じだろうか。もう少し先まで進まないと僕にはわかりそうもない。