指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

状況が変わって行く。

バイトは今午前7時から午後3時までなんだけど正午から一時間は昼休みで時給はつかない。結構タイトなスケジュールの仕事なので早いときは午前6時過ぎから取りかかるんだけど7時までの時給はつかない。それでも塾に差し障りが無い時間帯に稼げたのでできるだけ長い時間働くようにしていた。バイトを始めた頃は塾の収入だけでは毎月15万円くらい足りず、フルに働けばぎりぎりでそれくらいのバイト代になったので助かっていた。それが昨年暮れから今月にかけてぱたぱたと生徒さんが増えたりすでにいる生徒さんの受講料が学年と共に上がったりして四月からそれほどがつがつバイトを入れなくてもよさそうな見通しになった。そしてそうなってみると元々すごく気に入った仕事という訳でもなかったし何より時間にまったくゆとりが無いし、午後は昼休みを入れて三時間拘束されるのに時給は二時間分だけで効率が悪いしお弁当をつくるために家人は毎朝4時起きだしとかいろいろな問題が顕在化し、それらを一気に解決するために、正午でバイトを上がるという選択肢が俄然リアリティーを帯びて見え始めた。それで今日からそうしてみたんだけど何しろお昼に帰れるというだけで朝から気分が軽い。帰宅してから塾が始まるまでに三時間くらいあるので昼寝もできるしちょっとした買い物にも行けるし家人とランチを食べに行ったり長い休みには夏期講習とかを開催するのにも使える。すばらしい。バイト代は10万前後に減るけど塾の収入で相殺できるし状況が劇的に変わって行く。
今日も体験授業の申し込みが一件あった。生徒さんの数はすでに二十人を超えている。