指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

これは楽しいです。

村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事

村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事

もうタイトル通りの本。訳書と原書の書影と村上さんのコメントで構成されたパートと、柴田元幸さんとの対談、それと村上さんが初めて訳された「サヴォイでストンプ」というエッセイから成り立っている。それぞれの作品に対する訳者の思い入れみたいなものが伝わってきてとても楽しい。ほとんどの訳書を読んでいたけどオールズバーグの絵本は一冊しか持っていないしジャズに関したものは半分くらいしか読んでなかった。でも読んでないだけで持ってるかも知れない。文芸作品に関してはコンプリートしてるけど未読な作品を今後どうするかは不明。ちなみに「騎士団長殺し」は二度目を読んでいて感想はもう少し先で。