指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

衣食足りて礼節を知る。

昨日の続きなんだけどこの頃思うんだけどやはり衣食足りて礼節を知る、ということになるんじゃないかと思う。少し前まで、五年くらい前まではそんなこと考えていなくて、精神的な生活と言うか本を読んだりすることの方をより重要と考えていて、経済的な条件がそれほど重要だとは決して認めなかった。でもひとたびどん底に突き落とされて明日をも知れぬ身になってみると、とにかく少しでも収入を増やすことがいちばんの関心事になってしまう。それはもう本当にどうしようもないことなんだと思う。あるいは以前の僕ならそんな今の僕の姿を見て堕落したもんだなと言うかも知れない。そうだとしたらお前ほどお気楽じゃないんだと言い返してやろう。
でも少なくとも僕にとっていちばん大切なものは、この長くつらい時期を通して壊されもしなかったし、自ら手放しもしないで済んだ。そしてそのことをささやかな心の支えとしている。もしそれを失ってしまっていたら、僕は自分を、どの程度までかはわからないけど、許せなかった気がする。