指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

11ぴきのねこ。

コントロールベアで有名なTシャツのグラニフが「11ぴきのねこ」とコラボしたTシャツを出しているのを先週だったか池袋パルコの店頭で見かけ大喜びで二種類買った。僕は何しろ物心ついた頃からの「11ぴきのねこ」のファンで、小学校に上がる前だけでも何度読み返したかわからない。ぬいぐるみも大小取り混ぜボスも含めてきっちり11匹持ってる。いちばん大きいのは身長70センチくらいある。いつどこで買ったか覚えてないけど柄違いのハンカチも二枚持ってる。もちろん本も全巻揃えてあり子供が小さい頃には随分読み聞かせた。今は塾の教室のお気に入りの本棚に並べてある。Tシャツは大人向けの柄が三種類あって、ひとつめは一作目「11ぴきのねこ」の表紙とたぶん同じイラスト。この本は表紙に10匹だけねこが描かれ、縞模様のボスが裏表紙で寝てるんだけど、Tシャツも同様に表に10匹、裏にボス一匹が描かれている。僕が考えるグラニフのTシャツの魅力のひとつは、この裏側のデザインだと思う。すごくいい。ふたつめは「11ぴきのねことあほうどり」の中の、魚の形をした気球に乗った11ぴきのねこの絵柄。裏にはあほうどりが飛んでいる。みっつめは「11ぴきのねこどろんこ」から恐竜に乗る11ぴきのねこ。裏には恐竜の親子の姿が描かれている。最初の二枚を買ってハンガーで吊して眺めて楽しむくらいに気に入っていたら、夏休みの部活から帰って来た子供が一枚欲しいと言うのでどっちがいいか尋ねると、一作目の柄のがいいと言う。やられた。そっちはもう本当に幸せになれそうな絵柄で正直あげたくなかったんだけど子供の頼みでは聞かない訳に行かない。そこであげたんだけどあげてみるとやはり残念でその旨を家人に言うと、それほど気に入ったのならまた買いに行けばいいと言う。それで何日か後に買いに行ったら、恐竜の柄は残ってたけど一作目の柄は品切れになっていた。とりあえず残ってる方は買って帰ると、ウェブで調べてくれた家人が通販ならまだ在庫があると言う。買おうかな、ぜいたくかなと今迷っている。