指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

夏期講習も休む。

生徒さんの都合が悪くなったということで今日は午前中の夏期講習を休みにした。朝9時頃まで寝ていて朝食をとった後まだ眠かったので10時頃寝室に戻って寝直した。眠れるかどうかわからなかったけど短い夢を見ては目が覚め、また短い夢を見て目が覚めを繰り返したのでトータルでは結構長い間うとうとしていたんじゃないかと思う。12時半近くになって起きると驚いたことに、ここ何ヶ月かでは―あるいは何年かかも知れないけど―いちばん体が軽くなった気がした。普段は朝起きたときから疲れ果てているから。去年は今年より七日間多い計30日夏期講習をやったんだけど午前中だけだったから午後の塾の始まりまで比較的長い時間休めたしなんなら昼寝もできた。今年は多くの学年から夏期講習の希望が出たので午前中プラス午後の早い時間帯にも授業を入れざるを得なかった。すると休みの時間が短くなった上に去年は夏期講習中清掃のバイトを休んでいた―そしてそのまま辞めてしまった―のに対して今年はスーパーのバイトを短縮しながらも早朝から続けているし―つまりバイトの労働時間より早朝からというところがきつさの元になってる訳だ―カテキョもあるしで、結果的に去年よりはるかにきついスケジュールになってしまった。それでも夏休みの始まりから一ヶ月間はなんとか持ちこたえて来たけど8月も下旬を迎える頃からさすがにしんどくなった。それが二日間バイトを休み、一日だけ夏期講習を休んだおかげでかなり疲れがとれたということになると思う。そこで申し訳ないけど明日のバイトとカテキョも休んでしまおうと考えている。もう限界まで来た。大してお金になる訳じゃなし。・・・もっとも大してお金にならないと言えば夏期講習は正にその最たるものだ。これほど労多くして益の少ない仕事は無い。もう本当に生徒さんに少しでも成績を上げて欲しいというモチベーションだけでやってると言っていい。いい人ぶるのはいやだけど突き詰めるとそうとしか言えない。それから今日は思いついてダッシュを使ってみたけど使いやすいな。