指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

修羅場は続く。

 天候が荒れるという予報だったので昨日の買い物で今日一日外出しなくても済むようにいろいろ買って来た。地方によっては実際荒れたみたいだけどこのあたりは朝早いうちに雨もやんでしまい薄日が差し始めた。家人は今日外に出ないで仕事をする心づもりだったようなのでまたひとりで出かけた。最寄りのJRの駅の界隈まで歩いて行った。昼食も夕食も用意があったので特になんの用という訳ではなかったんだけどまあ暇なら出かける。家人からはできれば明日の朝食の分のパンを買ってきてくれるとうれしいけどそのためわざわざ寄り道をするようなら無理しなくていいと言われていた。それで始めにチェーンの小さなスーパーへ行って寝酒のための焼酎と酎ハイを一本と最近気に入って食べてる大根のサラダのパックとペットボトルのジャスミン茶を買った。それらをバックパックに詰めてから量販店に行って家人がずっと飲んでいるココア味と紅茶味の豆乳の小さなパックとポテチ(干物妹うまるちゃんに言わせれば「ぽていと」)を買った。塾用の飴も買いたかったんだけど生徒さんたちにウケのいいのが売り切れてたので諦めた。それから家人と一緒なら座って飲み物を飲む商業施設内のベンチに座ってジャスミン茶を飲んだ。ここは昼間でもスーツ姿の人とか休んでて結構なにぎわいだ。同じ施設内のスーパーで家人に頼まれてたパンを買って帰路につくと途中で子供の夜食を買い忘れているのに気づき、ちょっとだけ遠回りしてさっき行ったばかりのチェーンの小さなスーパーの別のお店でおにぎりとコカコーラ・ゼロを買って帰宅。長袖のシャツを腕まくりして着てたんだけどかなり汗をかいたのでシャワーを浴びてから大根のサラダをアテに酎ハイを一本飲む。それから昼食を取って昼寝。夜遅く、ときには朝方まで仕事をしてる家人も昼寝は欠かさない。