指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

一方。

 父親が亡くなった日もそのあとも我が家は我が家でいろいろ進行していた。まず亡くなった当日は子供の受験日で会場がちょっと離れたところだったので朝早く子供は出かけて行った。今はスマホで調べられるのでどこへ行くのにも便利だ。僕らの頃は予め下見に行くことが推奨されていたけど。帰ってきた子供は試験はよくできてあれは合格だろうと言ってたけどうちの子ができるということは他のお子さんもできるということなのでにわかには信じがたい。また塾の体験授業もあったけどこれは翌日断られることになる。体験授業で断られるというのも久しぶりだけどこれはまあ仕方ない。子供が受験日だということで家人は近くのお稲荷様へお参りに行きたいと言って一緒にお参りしてきたんだけどそのときに子供の合格だけお願いして体験授業のことはお願いし忘れてたので断られたんだろう(半ば本気)。亡くなった翌日つまり昨日は普通に遠くの西友に買い物に行って帰りがけに安いお弁当を買ってきて三人で食べた。その間にスマホに二件メールが入り一件は前述の断りのメール、一件は塾の生徒さんが都立高校の推薦入試に受かったとの知らせだった。受かると即刻塾を辞めてしまうので一ヶ月弱後の一般入試までの受講料がもらえなくなるんだけどこれもまた仕方ない。前に書いたことのある、問題を解くのがとても速い女子生徒で、まあ一般入試なら充分受かると思ってたけどまさか推薦で受かるとは予想外だった。倍率は五倍以上だったということなのでなんにせよよくやった。午後は普通に仕事をして風呂上がりも特に悲しくならずに寝た。今日はまた子供が入試で朝早く出かけて行った。家人と僕は池袋に行って東武百貨店で催事を見てから今日から来ることになってる小学生の教材を買ったりしたんだけど西武百貨店はよく利用するんだけど東武は滅多に行かず導線もよくわからなくてすっかり疲れ果ててほうほうの体で西武にたどり着いてペットボトルのお茶を買って休んだ。年々シャバに出るだけで疲弊するようになってきている。それから無印良品バックパックを買った。去年同じのを買ったら使い勝手がよくて重宝してるので色違いをもうひとつ買っておきたかった。初代が白でだいぶ汚れてきたこともある。一回洗濯してどれくらい汚れが落ちるか見てみてからもしまだ使えるようなら夏までとっておこうと思っている。新しいのはネイビーブルー。最後にサブウェイで昼食を買って帰る。日常生活というレベルでは父親の死はほとんど影響を及ぼしてないと言える。でももしもどこかで見守ってくれてるならあれほどかわいがってた孫を大学に受からせてやって欲しいと思ったりする。同時にそんなこと考えずに安らかに眠っていて欲しい気もする。