指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

ものすごく疲れる。

 普通に会社勤めをしてれば一日に八時間働くことになると思う。もちろん残業があればもっと働く。 前の会社でも繁忙期には十二時間くらい会社にいることがあったしこの仕事を始めてからも外でバイトをする時間を合わせると一日に十四時間くらい働いていたこともあった。今は春期講習会があるので普段一日に五時間ほどしか仕事をしてないところをそれでも七時間半くらいは教室にいる。ただそのプラス二時間半でものすごく疲れるようになってしまった。去年までは講習会期間中でもまあ多少長時間仕事をしてる感じはあったけどここまで疲れるということはなかった。ましてや十四時間働くなんてよくも体がもったもんだと思う。やってみないとわからないけどもうそういうめちゃくちゃな働き方はできないんじゃないかという気がする。やわになったと言うよりはっきり年を取ったんだと思う。

 でも今の塾の生徒さんの年齢はバランスがよくなくていちばん人数が多いのが受験生で来春には彼らは進学してごっそり塾を辞めてしまう。すると月収が今の半分近くにまで減ることになる。もちろんそれまでに一定数新たな生徒さんを獲得できればいいんだけどもしかしたら新型コロナ・ウィルスの潜在的な影響なのか特に低学年の生徒さんからの問い合わせが極端に少なくなっている。このことを考え合わせると見通しは一気に暗くなる。タイムリミットは一年を切ってるかも知れない。それまでになんらかの手を講じなければならない。今日たまたま近くの保育園に求人の看板が出てるのを見つけた。うちからほんとに目と鼻の先の場所だ。資格がなくても手伝えるとある。ちょっと連絡してみようかと思うんだけど今の疲労の程度を考えに入れると果たしてそんな仕事が勤まるかとても不安だ。でもそんなぜいたくを言ってる場合じゃないところまで来ているのかも知れない。