指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

先週に引き続き。

 先週キリンシティーで昼食をとったことはすでに書いた通りだけど生ビールをグラスでなくジョッキで飲みたいと家人が言うので行きつけの、と言うかこのブログで検索すると三年ぶりの来店なのでもはや行きつけとも言えないけどお好み焼き屋さんへ行く。三年前も家人の誕生日がらみで行ったみたいだけど今日も家人の誕生日。なのに先週おごってもらったから今日は自分がおごると言うのでごちそうになる。まずとてもおいしいキムチを食べカルビを一人前だけもらってふたりで分けて食べた後お好み焼きともんじゃ焼きを食べて生ビールを二杯ずつ飲む。マスクをつけたり取ったりで忙しいけどおいしいものはやはりおいしい。三年前同様僕たちの他にお客さんはいなかった。会計のときにおばさんが随分久しぶりだけどと言うので二年ぶりですかねと答えたけどさっきも書いた通り三年ぶりだった。お子さんはどうしてるのと尋ねられておかげさまで大学生になりましたと答える。体がすごく大きくなりましたと言うとお父さんも大きいからねと返される。行きつけの店というのがこの十年くらいでみんな閉店してしまったのでそんな会話もすごくほっこりする。末永く営業を続けて欲しい。昼寝してから大相撲の名古屋場所を見る。ひいきの北勝富士(今ATOKに覚えさせた。)関があやうい相撲だったけど初日で勝ってよかった。白鵬関に負けた明生関は本当に悔しかっただろうな。あと一歩で勝てそうだったので。
 曲は昨日も触れた荒木一郎さんの「果てしなき闇の彼方で」。試聴してるうちにこれでいいのかも知れないと思って200円なので思い切ってダウンロードしてみたらテレビ版と別のテイクではなかった。主人公の矢吹ジョーに話しかける歌詞と解釈していいと思うんだけどさりげない思いやりがこもっていてメロディーだけでなく歌詞もいい。手に入ってよかった。借りられていたアンのCDも届いたと連絡が来たので近く借りに行く予定。

(ちなみにこれに収録されてるのはおぼたけしさんバージョンで荒木一郎さんバージョンではありません。)