指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

曇りときどき雨。

 出かける前にお昼を食べて行くと子供が言うので午前中に自動車免許の更新に行こうと思ってたのを急遽変更して遠くの西友に行って帰りに安いお弁当を買って来ることにした。お昼に子供がいなければ夫婦で適当なもので済ましてもいいんだけどいるとなるとそれなりの準備をしなければならない。そういうときにはその安いお弁当屋さんがとても便利だ。ご飯がちょっと足りないようなのでうちで炊いて足してあげるんだけどそれを別にすれば子供もとても気に入っている。家人も楽だし僕としてもまったく異存がない。西友では今日の夕飯の準備とか明日の朝食の分のパンやスープ、お菓子や僕の酎ハイなど細々した買い物をする。スープはキャンベルの缶入りのものがカルディーなんかと比べても安くてミネストローネとコーンスープをよく買う。ミネストローネはパスタと野菜しか入ってないので家人がベーコンとかソーセージとか足してくれてそうするとよりおいしい。具だくさんのコーンスープはこしょうがよく合うので一口飲んだだけでむせるほど振りかける。パンも安くておいしいのがある。酎ハイも我が家の立ち回り先の中では最安値だ。今は好物のトマトの値段が高止まりしてて見かけも全然おいしそうじゃないのでカット野菜を買って来てサラダにして食べるのがリーズナブル。ドレッシングはキューピーのイタリアンドレッシングが気に入ってる。家人は辛すぎると言うんだけど僕にはちょうどいい。それと時期的なものなのか最近鰹のたたきが比較的安いのでたまに買っては昼時の一杯のアテにしている。ちょっと多めに買って子供と分ける。僕は刻みネギとチューブのショウガを添えてポン酢で食べるのが好きだ。子供は刻みネギに醤油で食べる。ミョウガもあるといいけどちょっと前まで三本入りパックで98円くらいだったのが今は百数十円なので我慢する。家人は魚が苦手なので鰹はパス。それからお弁当。僕は八宝菜と白身魚のフライタルタルソース付きが最近気に入っててそればかり食べている。そのお弁当屋さんは常時20種類強のお弁当を自分のところでつくってて中には揚げシュウマイの餡かけみたいなちょっと首をひねりたくなるようなものもある。でも基本的にはどれもおいしいしコスパはものすごくいい。西友を出た後少ししてぽつぽつ降り始めた雨がお弁当屋さんを出るともう少し本格的に降り出した。急いでバス停の屋根の下に避難する。家人は子供に電話して洗濯物を取り込むように頼む。雨の匂いがする。僕らにとって雨の匂いとはアスファルトが水で湿るときの匂いだ。もしも森の中とかに住んでたら雨の匂いとはどんな感じなんだろう。と考えても仕方ないことを考える。バスがやって来る。混んでてひとつしか席が空いてなかったので家人に座ってもらう。バスを降りるともう雨は上がっている。曇りときどき雨。降水確率は10%だったけど10%というのは十回あったら一回くらいは雨が降るという意味だからまあたまには降るやね。