指栞(ゆびしおり)

前にも書いたかも知れないけど。

四連休中。

 バイトはバイト先自体がお休みのため昨日から四連休中。で昨日は映画の後一蘭のラーメンを替え玉して食べて映画には行かなかった家人と待ち合わせてスマホの機種変をしに行く。僕としてはとにかく料金が安くなればいいと思っていたんだけど家人や子供はそれだけでは不満のようで結局iPhone SEに乗り換える。大きさがこれまでの7と同じで高木さんのスマホケースが流用できその点ではよかった。でも使用感には特に違いはないみたいに思われる。商品券を一台につき2万円ずつもらったので計6万円になったんだけどこれって結局これから料金で払って行く分だよね?そう考えると何か買うと言うより生活費として現金の代わりに家人に受け取ってもらいたい気がする。その方が助かる。でもまあそういう訳にも行かないだろう。細々したものを買うのに千円単位でおつりのもらえない商品券はあまり向かないもんね。という訳で今度何か大きなものを買うまでは取っておくことになるかも知れない。午後も夜も普通に授業。でもまあいろいろ済んで有意義な一日だった。
 今日は起き抜けからひざが痛んで薬も切れてて出かけられそうにない。家人がひとりで買い物に行ってくれてる間に1990年のF1フランスグランプリとイギリスグランプリをダイジェストで観る。フランスグランプリはフェラーリに移籍したアラン・プロストが優勝。セナは三位だったかな。イギリスグランプリはまだ全部観てない。でも相変わらずセナの旗色は悪そうだ。この二戦ではマクラーレン・ホンダはコーナーリングに難を抱えていたと今宮さんが解説されていた。そういうのって後からじゃないとわからない情報である意味ありがたい。でも当時の放送では録画のものでもアナウンサーや解説の人の実況が聞けた訳で次にどんな展開が待ち受けてるかわからないという点でリアルでスリリングだった。それに比べるとこのDVDはレースの実況ではなく記録映画みたいに味気なく感じられる。まあ実況バージョンは二度と手に入らないと思うので言っても仕方ない。それともユーチューブとか探すと出てくるのかな。ジャン・アレジアレッサンドロ・ナニーニも存在感がある。でも確かナニーニは後にヘリコプターの墜落事故で腕を切断しそれ以来F1には乗れなくなってしまった記憶がある。ナニーニを目にする度そんな事故があったことを思い出す。ウィリアムズ・ルノーのティエリー・ブーツェンとリカルド・パトレーゼもいい味出してる。ウィリアムズ・ルノーと言えばこのふたりのドライバーという印象が個人的にものすごく強いんだけどどうやらこのふたりが同時にウィリアムズに在籍してたのはこのシーズンだけのようだ。かなり本腰を入れてF1を観てたのでこのふたりが今でも強く印象に残ってるんだろう。そしてこのシーズンは中嶋悟鈴木亜久里というふたりの日本人ドライバーもF1に参戦している。もちろんセナプロ対決にナイジェル・マンセルゲルハルト・ベルガーも絡んでくる。そりゃ毎回楽しみにして観るはずだ。
 家人が買って来てくれた薬を飲んで一杯やってお弁当を食べて昼寝。今日の授業は夕方のみ。ひざの痛みは随分やわらぐ。