指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

勇気づけられる。

大いなる眠り (ハヤカワ・ミステリ文庫)
村上さん訳の「大いなる眠り」の文庫が出たのでこの前ハードカバー版を図書館で借りて読んだばかりだしどうしようか迷ったんだけどやはり買うことにした。それで本編は読まずに訳者あとがきだけ読んだ。前にも書いたかも知れないけどチャンドラーの作家への転身の経緯を読むと僕なんかはとても勇気づけられる。マーロウがそうだったようにチャンドラーも村上さんも自由を選んだことになると思う。結果的にではあるけど自分もそうだと信じたい。