指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

2009-04-01から1ヶ月間の記事一覧

パン屋再再再再再再再再再再再襲撃。

パン屋再襲撃 (文春文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 1989/04/10メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 45回この商品を含むブログ (146件) を見る この前村上さん訳のチャンドラーを読んで、村上さんの比較的古い作品を読み返したくなった…

物語の容れもの。

ルート350 (講談社文庫)作者: 古川日出男出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/04/15メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 6回この商品を含むブログ (36件) を見る どの短編も設定に工夫が凝らされている。物語の容れものを組み立てる過程がそのままストーリー…

行き先は決まっている。

パルプ (新潮文庫)作者: チャールズブコウスキー,Charles Bukowski,柴田元幸出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2000/03メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 30回この商品を含むブログ (50件) を見る すごく生真面目に言うと、行き先というのは決まってる訳だ。…

全天候型の彼女。

あの影を愛した (新潮文庫)作者: 片岡義男出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1991/08メディア: 文庫この商品を含むブログ (2件) を見る ニーチェの後でさくさく読める本が読みたくなった。それでこの前ブックオフに行ったときにまとめて買った片岡さんの本の中…

不機嫌で、若々しいニーチェ。

善悪の彼岸 (光文社古典新訳文庫)作者: フリードリヒニーチェ,Friedrich Nietzsche,中山元出版社/メーカー: 光文社発売日: 2009/04/09メディア: 文庫購入: 9人 クリック: 31回この商品を含むブログ (27件) を見る 翻訳の読みにくさに辟易していたニーチェが…

寝酒のつまみ。

モンキービジネス 2009 Spring vol.5 対話号作者: 柴田元幸出版社/メーカー: ヴィレッジブックス発売日: 2009/04/20メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 30回この商品を含むブログ (66件) を見る うーん、ついに「モンキービジネス」を買ってしまった。村上…

過ぎ去った、懐かしい場所としてのチャンドラー。

さよなら、愛しい人作者: レイモンド・チャンドラー,村上春樹出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2009/04/15メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 28回この商品を含むブログ (65件) を見る 本当は「ロング・グッドバイ」の村上さんの訳を読んだときに気づくべ…

土曜日の午後のせんべい焼き。

木、金と子供が熱を出して学校を休んだが今日は熱も下がり、でもあまり外へ連れ出す訳にも行かなくて比較的するべきことの無い一日になった。家人と子供が帰省しているときに大がかりな掃除をしたが、ベッドサイドにうずたかく積まれた数十冊の本については…

結婚て何。

結婚しよう (角川文庫)作者: 片岡義男出版社/メーカー: 角川書店発売日: 1989/04メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る たとえばよしもとばななさんの小説には語り手ないし主人公にとってちょっと文句の付けようのないほど美しい魂を持った男の子…

九つの暗い物語。

ナイン・ストーリーズ作者: J.D.サリンジャー,柴田元幸出版社/メーカー: ヴィレッジブックス発売日: 2009/03/21メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 21回この商品を含むブログ (55件) を見る 暗い話は決して嫌いではないけど、久しぶりに本格的に暗い話をま…

つばめグリル。

少し前に仕事で横浜に行く機会があった。その折確かルミネの中にあったんだと思うけどつばめグリルでハンバーグを上司におごってもらった。随分前に書いたけど僕は独身で外食が主だった頃にも、どこかへおいしいものを食べに行くより自分の狭い生活圏の中に…

忙しかった。忙しくなりつつある。

仕事が忙しいので仕事のことくらいしか書くことが無い。四月に入ってから新規の店舗が三店舗、大きめのフェアが三つと立て続けに納品しなければならなくなり、その他にルーティンの仕事も当然ある訳で、先月の内から準備していたとしてもやはり相当に忙しか…

野生のバーセルミ。

あらゆる場所に花束が… (新潮文庫)作者: 中原昌也出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2005/04/24メディア: 文庫購入: 7人 クリック: 25回この商品を含むブログ (83件) を見る この前読んだ本の中で高橋源一郎さんは中原昌也さんのことを「野生のバーセルミ」と…

弟妹が欲しい。

子供に弟か妹が欲しいと言われた。前にも書いたけど家人は産が重くてそれをはたで見ているのは本当に辛かった。だからおそらく二人目はつくらないだろうと思っている。お前が生まれて来るときママは本当に大変な思いをしたんだよ、と言って聞かせた。やっと…

桜。

午前中歩いて子供と出かけた。昨日今日あたりは風もなく雨も降らず近くの桜はほぼ満開の花を風に揺らしていた。ちょっとした桜の名所を通りかかったときに花の方に子供の注意を促した。でも子供はほとんど関心を示さなかった。そうだろうなとは思っていた。…

申し訳なし。

別にすごく欲しいという訳でもないんだけど、ちょっとこう何て言うか半分お世辞の意味もありで欲しいと言った商品を翌日持って来られて、いやいやいや、いつもお世話になってますからかなんか言われて対価の受け取りを拒まれたりすると、本当に欲しかった訳…

酒のつまみ本。

絲的サバイバル作者: 絲山秋子出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/03/27メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログ (17件) を見る 寝酒をやりながら読んでたらあっという間に読み終えてしまった。それで思ったのだけど何を読んだか翌朝憶えてい…

なんちゃってドライ・マティーニ。

最近飲んでるのがこれ。小さめの湯飲みくらいのグラスに氷を入れてジンを8分目くらいまで注ぎそこにドライ・ベルモットをグラスの9分目になるくらいまで注ぐ。それから瓶詰めのオリーブの塩漬けをふたつ入れる。30回かき混ぜてできあがり。ちゃんとドライ・…