指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

「孤独のグルメ」を毎日見ている。

 志村けんさんが亡くなった。ご冥福をお祈りいたします。アマゾン・プライムで昔の全員集合が見られると家人に聞いたので放送二回分くらい見たんだけど昔と今ではこちらの感じ方がやっぱり微妙に違う気がした。ただし当時の歌手が歌う歌謡曲がノーカットで収録されていてそれらは本当に懐かしい、貴重な映像だと思った。
 そのさなかアマプラのメニュー画面でたまたま「孤独のグルメ シーズン8」を見つけて驚いて、何これ孤独のグルメ見られんのと家人に言うと、見られるよ、知らなかった、と涼しい顔で答える。だって本放送中あれだけ熱心に見てたの知ってるんだから見られるなら見られると教えてくれりゃあいいのにと思ったけどまあ今さら言っても仕方ないので見始めたらこれがおもしろい。一週間経たないうちに暇を見つけてはシーズン8の12話を全部見てしまった。どんなに好きだからって二度目を見るのはなと思ってたら家人が前のシーズンもあるんじゃないのと言うので検索するとなんといちばん初めのシーズンから全部見られる。本放送を見たのはシーズン7の途中からだったので少なくとも六シーズン分は丸々言ってみれば個人的な新作として楽しむことができる。それで今日最初のシーズンから見始めた。今と違って原作を生かす意図が強いように思われれその分若干台本に違和感があるけどSEとBGMが今と同じなのは本当にうれしい。このドラマの魅力の多くはそうした音によっているからだ。それとドラマと言うより映画を意識した映像になっているのも魅力のひとつだと思う。
 ところで本放送で一度見たことのあるシーズン8じゃなくて他のシーズンを見ればいいのにとずっと思ってたんだけどと言う家人は今回に限ってはやけにこちらに対して不親切なんだけどその理由がよくわからない。でもそういうところでいちいち引っかからないのが夫婦円満の秘訣なんじゃないかと思う。