指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

そういう風に見てるんだ。

家人が学校でちょっとしたボランティアをするようになったんだけどその活動の顧問の先生のひとりが、前にも書いたことのある子供の一、二年のときの担任の女の先生でそれ以降も何かとうちの子に目をかけて下さり、去年の運動会でもがっかりした子供を元気づけて下さる姿が見られた。その先生が活動で学校へ行った家人に、ご夫婦本当にいつも仲がいいですね、とおっしゃったそうだ。するとそれを耳にした、子供が幼稚園の頃からなんとなく面識のある関西弁のお母さんが、ほんま、いつんなったら仲悪くなるかと思って見てるんやけど全然悪くならへんね、と言ったそうだ。特に会話を交わす訳でもないのにそういう風に見てるんだ。まあ冗談なんだろうけどなんかちょっと恐い。
それよりもその先生はほんの数年前に結婚なさったばかりで、それなのにうちのことを仲がいいとわざわざおっしゃるなんて、旦那さんとうまく行ってないんじゃないかと家人は心配している。とてもかわいい顔立ちをしてるが最近は生徒たちに厳しいと一部の女子から反感を買ってるとも聞く。おうちでのストレスが原因じゃなければいいんだけど。いつまでも仲良くできるコツはありきたりだけど感謝の気持ちを忘れないことだと思います。