指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

初版だった。

前にも書いたと思うけど村上春樹さんの本で初めて読んだのは「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」で一発ではまった。その後吉本隆明さんがこの本について書いた文章に、細部が詰まりすぎていて読み通すのがつらい、半分の長さでいいんじゃないかというようなのがあって確かにそういう面もあるとは思ったけど、そのまだるっこしさみたいなものまで含めて当時はすごく洗練されたと言うか、知的なものに見えていた。それから村上さんの既刊を買いあさって読んだ。村上さんの本を読むようになって初めて出た新刊が「村上朝日堂の逆襲」で、以来村上さんの単行本は翻訳一冊だけを別にしてすべて発売日に初版を買っている。
今日出た新刊は、でも発売日より前に重版がかかったということでもしかしたら初版じゃないかも知れないと思っていた。たまたま渋谷へ出る用事があったのでちょっとだけ寄り道をして買ったら初版だったのでほっとした。初版とかそういうことにはまったく意味がないと家人は言うし、理屈の上ではその通りだとわかってはいるんだけど。