指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

何もする必要のない日。

 奨学金の件が進学届まで片付いたので大学側から最後の書類をもらうまでとりあえずやることがない。月末が近づくので生徒さんたちに受講料の請求を始めるけどその準備も終わった。午前中に教室に行っても特に火急の用はない。教材費をエクセルにまとめたりしながら昨日借りたアルバムを聴く。思いついてゴールデン・ウィークに講習会をやろうと申込用紙をつくる。と言っても前につくったものの年度や日付を変えるだけなのでものの数分でできてしまう。本当に久しぶりに何もする必要のない日だ。ただ音楽だけが流れて行く。
 行きつけのスーパーの道を挟んだ向かい側にペットショップがあってたまにのぞきに行く。今は犬はいなくて猫が二匹だけ一匹はシャム猫でもう一匹はよくわからない。毛並みがちょっと変わっていて白と黒のまだらでところどころ毛がつんつん突き出ている。黒ごまをまぶした白いお餅かお団子みたいにみえるので家人と僕はごまだんごと呼んでいる。ここはケージに入れてしばらくしてから種類と価格を記したプレートがつけられるので今からその日が楽しみだ。気の毒な立ち耳のスコティッシュ・フォールドじゃないかと家人は予想している。
 スーパーで買い物して帰ると一応すべてのパッケージをアルコール入りのウェットティッシュで拭くようにしている。もう三ヶ月くらいやってるんじゃないかと思う。僕がそういうことを割に気にする方なので初めはそこまでやることないんじゃないのと家人に言われるかなとも思ったんだけどやり始めたら家人も賛成してくれて今日まで続いている。例によってこういう仕事をやらせたら念入りで丁寧だ。それだけで十分くらいかかる日もある。だから家に帰って着替えて消毒してアテのために納豆をかき混ぜてシャワーを浴びて食事するまでに長いと三十分くらいかかってしまう。でもまあそれが僕なりの丁寧な暮らし方なので仕方ない。もちろんそんなことしなくて済む日が来ることを待ち望んでいる。