指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

このごろ。

バイトに行かなくなってあと十日ほどで三ヶ月になる。先日正式に退社ということになり新たに面接を受けた児童館のバイトは受からなかった。八月いっぱいまでは夏期講習をしていたけど九月以降午前中は特に何もする必要が無くて、前の仕事を辞めてからしばらくそうだったように家人と一緒にあちこち出かけている。池袋や渋谷、最寄りのJRの駅周辺やその他。バイトしてないので副収入が無いところへふらふら出かけると目についたものを買っちゃったりするので経済的にはあまりよくないのかも知れないけど、すでに家人の原稿料も累計百万近くなり、これまで僕が負担していたものの一部、たとえば美容院代とか、自分で読む本とかDVDのレンタル代とか細々したものをなんとなく自分で払うようになったので、少し余裕ができたと言えば言える。塾の収入を考えるとそれでもやはりバイトはした方がいいんだけどとりあえずやって行けてると思うとバイト探しにも今ひとつ真剣みが欠ける。
ということは心にも余裕ができたということのようでここしばらく毎日少しずつ本を読んでいる。本を読むとはこんなに楽しいことだったのかと改めて驚かされるほどしみじみと楽しい。仕事は塾だけにして毎日家人と数時間外出しながら暇を見つけて本を読む日々が続くと思う。