指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

疲れた。

 昨日は塾で朝まで徹夜して朝食を取りにいったん帰宅した後午前中から授業。きついんじゃないかと思ってたけどそれほどでもなくてお昼は一杯飲んでからぐっすり昼寝できた。午後も授業があり家人の体調が優れないので授業後に夕飯の買い物をして帰る。まいばすけっと筑前煮がおいしくて最近家人とふたりではまっている。たまたま目に留まって買ったらすごくおいしくて今は週に二、三回は食べてると思う。里芋一個じゃなく二個入れてくれたらふたりで分けられるんだけどな。今は半分こしている。そのかわり三つ入ってるにんじんは二個に減らしてくれていいから。それでフジテレビの「ラフ&ミュージック」を結構大笑いしながら観た。今夜の二夜目も楽しみ。今朝は珍しく9時半くらいまで眠れてよかった。たいてい8時までには目が覚めてしまうことは前にも書いた通りだけど前の日の徹夜が効いたのかも知れない。夏の終わりは毎年そうみたいだけど夏期講習の疲れがやっぱり出てる気がする。朝食後はブログを読みに回ったりテレビをぼんやり眺めたりしてそう言ってよければ無気力に過ごす。飯島真理さんのライブは昨日終わって今日のエントリはそれに触れたものだった。結局この日まで毎日ブログを拝見していたことになる。一時はどうなることかと思ったライブも無事開催できてよかった。終わってみるともしかしたら自分は聴きに行きたかったのかも知れないなと思った。ただ飯島さんのすごく長いキャリアのうちのほんの出だしのいっときだけのファンに過ぎないのでほとんどの曲を知らないだろう。それでもせっかく何かの、リン・ミンメイの縁でファンになり最近もずっとアルバムを聴き直してたんだから。間もなく飯島さんはロサンジェルスに帰られることだろう。また遠くからそのご活躍をうかがうことになると思う。なんかねえそういうところ変に消極的なんだよね、いつものことながら。それと最近五十代くらいの早期退職者のブログをいくつか見てる。何か参考になることがないかなあと思って。でも結局のところそういう人の多くは予めきちんと用意をし覚悟を持ってそういう生活に入られる訳で親子三人で一年食いつなげるかどうかわからないくらいの退職金だけで突然リストラされて一から個人事業主を始めるのとはそもそも前提からして違いすぎる。夕飯の写真とかアップしてるのを拝見するとざっと見積もっても僕の夕食の五倍から十倍くらいお金がかかってるように見える。僕なんか三個パックで78円の納豆と生卵一個とお茶碗軽く一杯のご飯だけの夕食もそう珍しくない。まあそれは節約ばかりじゃなく食が細くなってしまったことが大きいんだけど。という訳で特に参考になるということもなくこう言っては申し訳ないけど惰性で読ませていただいている。なんかぐだぐだになって来たな。やっぱ疲れてんのかな。