指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

道を聞かれる。

 どういう訳か家人は道を聞かれることが多い。もしかするとなんかこう警戒心とか抱かれにくいタイプなのかも知れない。今日も黒いスーツを着た若い女の人が正面からやって来てぶつからないようにナチュラルによけようとしたら家人の目の前に立って道を尋ね始める。聞けばあと15分で面接が始まるということなのにスマホの地図を見せてもらうとまるで明後日の方向に向かって歩いてる。完全に土地勘のない人だ。さすがにまずいので夫婦二人で出発点に戻させて時間を節約するためにそこから交通機関を使って行く方法を教えると乗り遅れないように走って行く。しばらく経ってから家人が、あ、面接がんばってと言うの忘れたと言う。そんなこと言う以上の助けを君はしたんじゃないかなと僕は思う。