指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

「マイ・ロスト・シティー」をめぐる冒険(と言うほどでもないけど。)。

マイ・ロスト・シティー」を探していたんだった。刊行されたのは随分前のことだしできれば古本で文庫がいい。安くて場所もとらない。でも行きつけのブックオフには無かった。それでちょっと妥協してプロパーの文庫版を探し始めたんだけど何軒か書店を回った結果、中公文庫版の「マイ・ロスト・シティー」はもう手に入らないようだということがわかった。村上さんの新書版の翻訳ライブラリーに収録された段階で文庫版を残しておく意味は無くなったということかと想像された。でもその新書版は千円くらいする。それを手に取りしげしげと眺めながらいやでもこれを買ったら家人に申し訳ないと思ってやめた。スペースと経済的な理由で家人は最近できる限り図書館を利用している。時間をかければ古本で見つかるかも知れない本を、千円の新装判で買う訳には行かない。
それで結局昨日渋谷を歩いていて家人が見つけたブックオフにあった。文庫版で200円。
余談だけど今日絲山秋子さんの「末裔」を見つけたとき、これって菊池信義さんの装丁じゃないかと思って買って帰宅後確かめたら合っていた。絲山さんの作品は普通ならすぐに読むけど、とりあえずフィッツジェラルドウィークの完遂を目指す。