指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

集め直し。

エスペラント(紙ジャケット仕様) 坂本龍一エスペラント
特に最近になって中学生や高校生のときあるいは大学に入ってから熱心に聴いた音楽を集め直している。さだまさしさんの古いオリジナル・アルバムを何枚か図書館で借りた。小椋佳さんとかアリスとかオフコースとかは何十曲も収められたベスト盤をやはり図書館で借りて来てPCに取り込み気に入った曲だけを編集してCDに焼いて塾で聴く。この編集にはひとつだけコツがあってそれは一曲目から聴きたい順に並べることだ。塾での空き時間は細切れなので途中で聴くのをやめなくてはならないことも多い。その場合でも気に入った順に並べてあると満足度が高くなる。アリスの曲なんかは全部が全部好きな訳でなく一番のお気に入りは「夢去りし街角」という割に地味な曲だったりするため一曲目にそれを入れ二曲目には「ジョニーの子守歌」と思い切り自分の趣味に任せて並べる。スイッチを入れればすぐにいちばんおいしいところが味わえる。
最近まとめて借りたのが坂本龍一さんのCD。ただ図書館にはあまり在庫が無くて家人に調べてもらったら渋谷のTSUTAYAにはたくさんあるということだったのでわざわざ借りに行った。何枚かは買って持ってるんだけどレンタルで借りてカセットで聴いていたオリジナル・アルバムですごく気に入っていたのがあった。特に「未来派野郎」と「エスペラント」とアニメ映画のサントラ「オネアミスの翼」。「未来派野郎」の一曲目はエフェクトに映画「ブレードランナー」の台詞が入っている。「エスペラント」は僕なんかものすごく好きなアルバムなんだけど前の会社でかけていたらこれ聴いてると頭が変になるとクレームを受けた。「オネアミスの翼」はアニメとしてもいい作品だと思うけど音楽だけとってもとても気に入って聴いていた。メイン・テーマは「Merry Christmas, Mr.Lawrence」とはまた違った意味での傑作だと思う。歴史が流れて行く長い時間の幅が感じ取れる。TSUTAYAは五枚借りると安くなるということだったので他に「NEO GEO」と「BTTB」を借りて帰った。
でもそんなに欲張って集め直しても聴く時間は限られているから一日に一枚も聴き通すことができない。携帯音楽プレイヤー買おうかな。