指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

主張が強い気がする。

 

村上朝日堂 はいほー! (新潮文庫)

村上朝日堂 はいほー! (新潮文庫)

 

  エッセイ集は短篇集よりさらに読むのに時間がかからないみたいだ。

 「はいほー!」というお気楽な名前がついてる割りにはこれまででいちばん筆者の主張が強いように感じられる。一篇一篇が長いしユーモアよりもある種のテーゼを首尾一貫して提出するモチーフが勝っている。「ノルウェイの森」の大ヒット以後結構いやな思いをした時期があったとどこかで作者が述べていたのでその頃書いたものなのかなと思ってたらあとがきによるとそれ以前に書いたものらしいので無関係のようだ。一か所時計のねじを巻くことへのちょっとしたこだわりのようなものが書かれていて「ねじまき鳥クロニクル」との類縁性をちょっとだけ感じた。

 ほんとは先に「心は孤独な狩人」を読みたいんだけど個人的なこだわりとして初見の長篇を読み始めるときにはある程度まとまった時間を取って冒頭からある程度まとまったページ数を一気に読みたいと思っている。今はその時間が取れないので後回しになってるんだけどそろそろ読み始めたいなあ。