指栞(ゆびしおり)

すまじきものは宮仕え。

アルコール

ランチビール。

今日は都立高校の推薦入試の日で学校が試験会場となるため子供は休み。なので久しぶりに渋谷のCONAへピザを食べに行った。家人とふたりだと二枚ピザを頼んでシェアするんだけど子供が一緒の時は四枚頼む。セットなのでドリンクもサラダも四つずつ出て来る。…

プチ禁酒。

ずっとバーボンを寝酒にしてたんだけどとりあえずやめることにして三週間になる。別にすべてのアルコールを断った訳ではなくて缶チューハイとか飲んで気を紛らわしている。飲んでいないので夜はよく眠れなくてひと晩に四、五回目が覚める。でもその度に寝直…

ヱビスビールはうまいのか。

ビールにはそれぞれの飲み方があると言うか、たとえばいっぺんにどれだけの量をのどに通すのかとか、炭酸の痛みをどのあたりまで我慢するのかとか、温度の好みとかいろいろ個人差があると思う。またその日の気分とかでも違うんじゃないかと思われる。自分の…

おいしかった覚えがある。

週に数回訪れるスーパーでカナディアンクラブが千円ちょっとで売られていたので買って来た。まだウィスキーを飲みつけなかった若い頃に飲みやすくておいしいなと思った覚えがある銘柄だ。でも味は全然憶えていなくて飲むのが楽しみ。同じようにビギナーだっ…

アーリータイムズ対ジムビーム。

僕が知ってる往時の価格よりずっと安く買えるのでここのところジムビームばかり飲んでることは前にも書いた通りだけど、よく見るとアーリータイムズも同じ価格だったので両方買って飲み比べてみた。どちらもそれぞれにいいところがあって、という展開になる…

ウィスキーが飲みたい。

たまにすごくウィスキーが飲みたくなる。今は銘柄さえ選ばなければまいばすけっとでそれなりに名の通ったバーボンをひと瓶千円以下で買うことができる。三十年近く前僕らが新宿のバーでがんがん酒を飲んでいた頃にはあり得なかった安さだ。とりあえずジムビ…

1,280円のI.W.ハーパー。

アルコールの常習者だけどアルコールの味自体はあまり好きではない。寝酒に飲む焼酎はもちろん日本酒もワインもジンもウォッカもすごくおいしいと思うことは少ない。酔っている状態が好きなので酒の味なんかどうだっていいという本当に体に悪いタイプの酒飲…

と思ったら。

今日また麦とホップと澄みきりの値段が一緒だったので思いついてどちらも買うのをやめた。それでまいばすけっとへ行ってバーリアルの500mlの六缶パックを買って来た。安い。味も嫌いじゃない。

キリンの澄みきり。

ずっとサッポロの麦とホップを飲んでたんだけどこの前キリンの澄み切りが発売されたとき、最寄りのスーパーで500ml缶が麦とホップより5円安かったので買って飲んだ。悪くないと思った。それでしばらく、一週間くらいかな、澄みきりを飲んでたらある日麦とホ…

なんちゃってドライ・マティーニ。

最近飲んでるのがこれ。小さめの湯飲みくらいのグラスに氷を入れてジンを8分目くらいまで注ぎそこにドライ・ベルモットをグラスの9分目になるくらいまで注ぐ。それから瓶詰めのオリーブの塩漬けをふたつ入れる。30回かき混ぜてできあがり。ちゃんとドライ・…

SAPPORO「麦とホップ」。

うまい!発泡酒で初めてうまいと思った。もしかしてサントリー「金麦」とかもうまいのかなあ。個人的には一番うまい発泡酒がASAHIから出るとは思えません。すいません。

さまよえるビール。

と言ってもさまよっているのはビールではなくビールを飲む自分だ。最近お気に入りのブラウマイスターが近くの店頭から姿を消してしまい、にわかにどのビールを飲んだらいいかがわからなくなった。エビスは苦すぎる気がする。モルツは香りが邪魔だ。アサヒは…

アルコールに弱くなった気がする。

もう十数年前からつき合いのある取引先の人と何年か振りで会い、夜は接待ということになった。行きつけのパスタハウスへ行き、その人はアルコールはほとんど口にしないので僕だけがビールの小瓶を3本とワインをフルボトルで1本、4時間弱かけて飲んだ。途中か…

お銚子が不調(子)。

昨日池袋のロフトで旅館で出てくるような背が高くて白くてのっぺりしている二合徳利と、対の小さめのお猪口を買ってきた。これで晩酌により一層の趣が加わると思ってくんくんして(町田康さんの作品を参照して下さい。)いたら、徳利の背が高過ぎてわたし方…

ボージョレ・ヌーヴォー解禁。

ボージョレ・ヌーヴォーが解禁になった。毎年何となく気になって解禁日当日ではないものの数日以内に店頭で見かけて買うということを繰り返している。特にワインにこだわりがあるわけではないが(それどころか380円のワインでもうまいうまいと飲んでいる。)…

キリン 樽生ブラウマイスターその2

ついに専用サーバーを買ってしまった。取り付けとか結構面倒だったが、その甲斐あって大変クリーミーな泡のついた生ビールを飲むことができた。晩酌するときにはいつもそれなりのつまみを用意するのだけど、ブラウマイスターを飲んでる限り、逆につまみは邪…

キリン 樽生ブラウマイスター。

行きつけの酒屋さんの冷蔵庫に、いつの頃からか「キリン 樽生ブラウマイスター」の1520ml缶が並ぶようになった。サイトによると6月8日に出荷が始まった期間限定の商品らしい。専用のビア・サーバーに対応していて、おそらくそれを使うとあのビヤホールのきめ…

シングルモルト。

もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2002/10/30メディア: 文庫購入: 9人 クリック: 123回この商品を含むブログ (141件) を見る アルコールは大量に飲むけれど、飲んでうまいと思うものは本当…